前へ
次へ

ウォーキングも肩こり予防の良い対策に

慢性的になりやすい肩こりは何かひどい疾患というわけでもないため、病院へ行くまでもないと放置をしがちです。あまりにもひどいようなら医療機関を受診して、医者に診てもらい適切な処置を受けることも必要になります。注射で痛みを抑えたり湿布を処方してもらうなど、医療での対処も視野に入れると気持ちも楽です。同じ姿勢を続けて筋肉が緊張をすることが原因なら、軽い運動をするのも良い対処になります。多くの場合方こりは筋肉が硬くなってしまったのがいけないので、血液の流れを順調にするためには体を動かすのが良い対策です。普段から運動をしない人にとって、スポーツとなるとかなりハードルは高いですが、軽度の運動ならさほど問題はありません。適度な運動としてウォーキングは最適であり、スポーツウェアに着替えて本格的に歩こうとするより、通勤のいつもの駅をひと駅歩いてみるとか、帰りにウィンドウショッピングで店を眺めながら歩くなど、ついでにできることで十分です。運動が嫌いな人にとって、運動のための時間を作ることさえストレスなので、何かのついでに歩く時間をちょっと長くするだけでも構いません。歩くことは足だけの血流が良くなるのではなく、体全体の巡りも良くなるので、肩の筋肉もほぐれやすくなります。筋肉の衰えは運動により防ぐことができますし、筋肉には柔軟性が出てくるので、肩や腕をちょっと大きめに振って歩くことです。歩くのは筋肉のこりの解消にも良いですが、気分転換にもなりストレスを発散するにも効果的であり、さらに動くのでカロリー消費で着てよいダイエットにもなります。こりをリセットするために歩くようにしたら、体重も減って健康的な体に切り替わるのですから、毎日歩く習慣をつけることにはメリットが多いです。なかなか歩く時間を多くとれないなら、お風呂上りに軽いストレッチをすると、全身の筋肉に柔軟性が出てきます。ストレッチで痩せることはないですが、肩こり予防や筋肉を柔らかくするには良い方法です。

介護付きのセーフティネット住宅をピュールエスプリットでは所有しています

歯科技工士の最新の技術をマスターできる学校

http://seiei-kenbi.com/
患者様が安心して施術を受けられるよう、誠英鍼灸接骨院では患者様にも分かりやすく施術内容などをご説明しています。

転んだ、捻った、ぶつけたなどの日常生活による怪我
最新手技で痛みを取り除きます

エッグドナーのご相談承り中
日本人の女性に合わせた卵子提供を行うミラクル・エンジェルスにご相談ください

Page Top